住宅ローンで住宅購入か、賃貸か?

社会人になって20代後半になると、人生設計を考えて結婚や住まいなど家族を持ちたいと考えることが一度はあると思います。責任感も今ままで以上に重くなることは覚悟して幸せな生活が送れるようと誰もが願っています。

 

ある程度の生活レベルを維持できると住まいをどうするか?ということも考えるでしょう。ここで明確なか答えがない問題に悩むことになります。住まいは、購入するか、賃貸ノどちらがいいのか?という考えです。私も興味があって書籍や専門家の考えたかを参考に答えが出せないか?と考えていましたが、自分の価値基準に基づいた判断が答えである、リスクを取って考えるべきだという答えにたどり着きました。

 

もしマイホームを住宅ローンで購入するなら、年収や頭金、金利、返済期間などをしっかりと計画しなければなりません。共働き当たり前ですが、出産・育児などがあれば、10年は一人で返済する期間があると覚悟して、月々の返済金額を考える必要があります。

 

不景気なのにボーナス時の返済金額をふやすなどはとてもじゃないけどやめておいたほうがいいです。借金ですから完済するまでは銀行の一番抵当権がついています。一日でも早く自分名義にしたい気持ちはわかりますが、事故を起こさず生活レベルに影響がない状態で長く返済する方が良いと思います。

 

一方で賃貸で一生暮らす場合、固定資産税の支払いが不要であること、年収にかかわらず相応の住まいを見つけることが出来る。子供の成長にあわせて引越しすることもできるなど転勤が当たり前のサラリーマンには、フットワークが軽くなるメリットが有ります。

 

どちらも毎月の出費があるならいずれ自分の資産になるものへのお金を払う方がいいのでは?と思いますが、不動産を所有するリスクが高まっている事も忘れてはいけません。どちらいいのか?は一概に言えないのはこの様な理由からです。

 

お金が急に必要になったら?

 

住宅ローンとオートローン(車)などローンを抱えている時に急にお金がない場合、どうすればいいのか?お金の工面に苦労すると思います。たとえばケガや病気による入院、葬儀をするなど、10-15万円が必要なシーンは人生の中でなどかあります。キャッシングによる借入は、このような緊急時に助かりました。

突然の出費でお金を借り入れる時、即日キャッシングができるカードローンが便利です。
ピンチ!お金を工面したい時に、即日融資のキャッシングで借り入れができるので助かりますよ。
急に必要になったとき、即日キャッシングの審査ができると便利です。

 

即日審査は本当だったとおもったほどスピーディーな対応で実際には1時間程度でお金が手に入ったことは驚きでもありました。

更新履歴